ピーシェン豆板醤の選び方からレシピまで徹底解説!中華料理愛好家必見

Uncategorized

こんにちは、です。
本記事では中華料理を愛してやまない渉が、ピーシェン豆板醤の選び方からレシピまで、中華料理愛好家必見の情報を徹底解説します!さあ、一緒にピーシェン豆板醤の魅力に迫りましょう!

豆板醤とピーシェン豆板醤の違い

豆板醬は広東料理によく使用される調味料であり、大豆を主成分とした甘辛い味わいが特徴です。一方、ピーシェン豆板は四川料理の重要な調味料であり、大豆と豆鼓を組み合わせた濃厚な風味とスパイシーさが特徴で、1~3年以上熟成させていることが大きな特徴です。

ピーシェン豆板醤の成分

ピーシェン豆板醤は、唐辛子、大豆、塩、麹、米などの材料を発酵させて作られます。大豆の発酵により、コクと風味が生まれ、唐辛子の辛味が加わります。

ピーシェン豆板醤の選び方

ピーシェン豆板醤一つにしてもその種類やブランドは数多くあります。他のブランドの特徴と比較することで、よりその料理に合った商品を見つけることができます。渉が実際に使って良かったピーシェン豆板醤のブランドと特徴について3つご紹介します!

山城牌のピーシェン豆板醤


山城牌のピーシェン豆板醤は本場の本格的な辛さが特徴です。「家で本格的な中華料理を作りたい!」「店の味に近づけたい!」という方にはもってこいのアイテムです。また、大豆の豊かな旨味と、豆板醤特有の香りも特徴で、風味豊かな料理にアクセントを加えることができます。山城牌のピーシェン豆板醤に合う料理のおススメは、麻婆豆腐です!山城牌のピーシェン豆板醤を使って麻婆豆腐を作ると、本格的な辛さと豊かな風味が麻婆豆腐の具材と相まって、旨味がより一層引き立ちます。麻婆豆腐にはもちろんのこと豆腐が入っているので辛さが少し落ち着き、本格的な辛さに挑戦したい人にはぴったりです!私自身今現在でも愛用して店で出しています。
購入は↓から!!

三明物産ピーシェン豆板醤


三明物産ピーシェン豆板醤は味の深さと濃さがとても強い調味料です。辛さは少しマイルド気味ですが、四川豆板醤と組み合わせれば最強です!存在感が抜群なので料理に入れる際は少量でも十分です。三明物産ピーシェン豆板醤に合う料理のおススメは回鍋肉です!回鍋肉で使用するニンニクの芽と豚の油との相性は抜群です!
購入は↓から!!

業務用食品アミカ楽天市場店
¥741 (2023/07/10 20:52時点 | 楽天市場調べ)

ユウキのピーシェン豆板醤


ユウキのピーシェン豆板醤は日本の調味料ブランドで、比較的マイルドな辛さが特徴です。辛さを楽しみたい方でも食べやすく、初めてピーシェン豆板醤を試す人にもおすすめです!日本での知名度はトップで、四川料理以外でも扱いやすいのが特徴です。
ユウキのピーシェン豆板醤に合う料理のおススメは火鍋や鍋料理です!
ピーシェン豆板醤の風味がスープや具材に広がり、深いコクと辛味を楽しむことができます!
購入は↓から!

¥1,982 (2024/05/23 04:10時点 | Amazon調べ)

ピーシェン豆板醤の保存方法

ピーシェン豆板醤は冷暗所に保存することが重要です。直射日光や高温多湿の場所から遠ざけて保管してください。例えば、冷蔵庫やキッチンの食品保存用のキャビネットが適しています。
冷蔵庫では一定の温度と湿度を維持するため、ピーシェン豆板醤の鮮度を長持ちさせるのに適しています。
また、しっかりと封を閉めることも大切で、空気が入ると品質が劣化しやすくなるため密閉性の高い容器を選ぶことをおススメします。

ピーシェン豆板醤を使ったレシピ

私が実際に店で出しているピーシェン豆板醤を使ったレシピをご紹介します!

1 回鍋肉
材料
・皮付き豚バラブロック500g(カットしてお好みの大きさにする) 
・ニンニクの芽or葉ニンニク20g(包丁でつぶして削ぎ切り3~5cmカット)
・長ネギ1本(お好みの大きさにカット)
・ニンニク2片(みじん切りにする)
・生姜20g(みじん切りにする)
・鷹の爪1つ
・ピーマン2つ(お好みの大きさにカット)
調味料
・四川豆板醤大さじ1/2
・豆鼓10g(みじん切り)
・ピーシェン豆板醤大さじ1
・甜麺醤大さじ1
・紹興酒大さじ1

・醤油小さじ1/2
・砂糖一つまみ
・鶏ガラスープ50㏄
・ラー油大さじ1

赤下線部は合わせ調味料にしておく

作り方
①豚バラブロックを沸騰した湯につけて中火で1時間
(豚バラブロックに串を刺して血が出ていればさらに20~30分)火が通れば冷蔵庫で冷ます。
②ごま油大さじ1で豚バラスライスを炒め。(肉に塩コショウで下味をつける)火が通れば別皿に移す。
③豚バラを炒めたフライパンで生姜、ニンニク、鷹の爪を弱火で炒め、ニンニクの芽、白ネギ、ピーマン、豚バラスライス、先ほど合わせておいた合わせ調味料を入れ強火で火を通していく。
④鶏ガラスープを入れなじませ、味見をしてよければOKです!
(味が少し薄ければ醤油を少し足します)
⑤最後にラー油をなべ肌にたらし、軽く和えれば完成。

四川麻婆豆腐
材料
・ソフト木綿or絹ごし豆腐1丁(カットしてお好みの大きさにする) 
・合いびき肉の粗びき(なければ合いびき肉)150g
・生姜1片(みじん切り)
・ニンニク2片(みじん切り)
・白ネギ1/2本(みじん切り)
・ニンニクの芽3本(包丁でつぶして削ぎ切り5~7cm) 
・鶏ガラ もみじの出汁(鶏ガラの顆粒でも良い)200㏄
調味料
・ラー油大さじ1
・一味唐辛子小さじ1
・四川豆板醤小さじ1
・ピーシェン豆板醤小さじ
1
・鷹の爪1本
・四川山椒小さじ1(指でつぶす)あらかじめフライパンで軽く炒めると香りがより一層出る
・豆鼓入りラー油大さじ1
)
・紹興酒大さじ1

・水溶き片栗粉適量
・豆鼓小さじ1(みじん切り)
・甜麺醤小さじ2
・醤油小さじ1
赤下線部は合わせ調味料にしておく

作り方
①フライパンにごま油大さじ1を入れ、合いびき肉(軽く塩コショウで下味をつける)に火を通し、甜麺醤醤油を入れ、肉みそを作る。
(出来上がれば別皿に移しておく)
②鍋でお湯を沸かし塩小さじ1を入れ、豆腐を茹でる。(豆腐を塩水で下茹ですることによって崩れにくくなり、豆腐にした味が入る)
③フライパンにごま油大さじ1をい入れ、生姜、ニンニクを弱火で炒める。
④炒めた生姜、ニンニクに先ほど合わせておいた合わせ調味料を入れ中火で火をかける。
⑤そこに先ほどの肉みそを入れ、合わせ調味料となじませ、鶏ガラスープを入れる。
⑥肉みそスープが煮立ってきたら、豆腐白ネギ豆鼓ニンニクの芽を入れる。
⑦最後に水溶き片栗粉を入れとろみをつける。
⑧なべ肌に再度ラー油をいれ、高火力でさっと炒めれば完成。(仕上げにブラックペッパー粉山椒を振りかければ、よりパンチのある麻婆豆腐ができます)

まとめ

本記事では『ピーシェン豆板醤とはなにか?』『ピーシェン豆板醤の種類やその特徴』『ピーシェン豆板醤を使ったレシピ』について解説してきました。私自身、ピーシェン豆板醤と出会ってから中華料理のレベルが上がり、本格的な四川料理を楽しむことができるようになりました。
是非皆さんもピーシェン豆板醤を使って中華料理を作ってみて下さい!
また、渉のレシピも是非参考にしてみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました